業界情報

総務省より

一般社団法人日本リラクゼーション業協会は11 12 日、来年4 1 日より総務省の日本標準産業分類に「リラクゼーション業(手技を用いるもの)」が新設されると発表した。
同分類ではリラクゼーション業を
手技を用いて心身の緊張を弛緩させるための施術を行う事業所としている。

ただし、医業類似行為を業とするものがその業務を行う事業所は療術業に分類されると定義している。

医業類似行為とは免許制のあん摩マッサージ指圧、はり、灸や非免許制の温熱療法、電機療法などを指し同協会では国家資格を必要とする治療行為と一線を画すため、独自の自主基準を定めている。
同協会では昨年、リラクゼーションやストレスに関して、
1 2 8 県に住む20 59 歳の男女1,200 名を対象に調査を行った。その結果、ストレスと感じている人は82.1%と8 割を超え、さらに、「かなり感じている人」が4 人に1 人(26.5%)、中では未婚女性36.1%ともっとも割合が高かった。またリラクゼーション業の市場規模は全国の9,673 の事業所に32,879 人が従事し、1,392 億円と推測されている。

トレーナーもビックチャンス!

総務省の日本標準産業分類に「リラクゼーション業(手技を用いるもの)」が新設される旨、同省より告示がありましたのでお知らせ致します。
告示内容は以下の通りです。

7893 リラクゼーション業(手技を用いるもの)

今日、リラクゼーション業は全国
9673の事業所(リラクゼーションスペース)に32,879人が従事し、市場規模1392億円の一大産業へと成長をとげており、今回、新「日本標準産業分類」に告示、新設されました。
ストレス社会といわれて久しい今日ですが、当協会が行った調査によれば、ストレスを感じている人は
8割を超え(82.1%)、「かなり感じている」人が4人に1人(26.5%)にのぼっています。リラクゼーション業は今日のわが国において、ストレスに影響されやすい心の健康を守る大切な役割を担っており、今後も伸長が期待される新たな産業分野として政府の注目するところとなりました。
一般社団法人リラクゼーション業協会は
20073月の設立以来、リラクゼーション業の健全な発展と社会的認知の向上を目的に活動してまいりましたが、今回の告示を真摯に受け止め、サービスの技術向上と品質保全に一層努めてまいります。
※20123月現在、一般社団法人リラクゼーション業協会調べ

Pagetop